おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

おんな湯

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

裸の体で感じる風

 

 

 

 

 

 

 

 

私の一切を否定せずに見る

 

 

山の緑

 

 

空の青

 

 

雲の白

 

 

 

はしゃぐ茉優

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その今を味わえるわたし

 

 

 

 

 

 

 

切り取られた胸と

 

 

 

 

 

濃いすね毛と

 

 

 

 

 

 

 

低くなった声を

 

 

 

 

 

 

 

気にしながら入った

 

 

 

 

 

 

 

 

ひどく久しぶりの

 

 

 

 

 

 

 

 

おんな湯

 

 

 

 

 

 

(あ、髭、剃ってみた)

 

 

 

 

 

 

 

 

おとこ湯では

 

 

 

 

 

 

 

 

歪な胸と

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコらしくない体格と

 

 

 

 

 

 

 

 

女性器

 

 

 

 

 

 

 

 

を気にして入った

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

おんな湯の方がリラックスできてたな

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優と楽しめるのも嬉しい

 

 

 

 

 

 

(何となく、おじさんよりおばさんの方がなんでもあり感が強いよな)

 

 

 

 

 

 

 

 

私の頭がどうこねくり回そうと

 

 

 

 

 

 

 

 

ソコにある現実は1つ

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも自然の力を無視したり抗うと

 

 

 

 

 

 

 

 

反作用で軽やかさとは反対のモノが生まれる

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば

 

 

 

 

 

 

 

 

流れに身を委ねれば

 

 

 

 

 

 

 

 

その流れは圧倒的な力で背中を押してくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて不毛な闘いをしていたのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

そして気付けば

ふたたび不毛に闘い始める愚かさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体を通り抜ける風がきもちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

体の中を流れゆく川がきもちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ私であることはきもちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

もうおとこ湯に入ることはないのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら

かしょうくんとおとこ湯入れなくなるな

 

 

 

 

 

 

 

 

すね毛どうしようかな

 

 

 

 

あ、わき毛もか

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんと温泉に入れるときがくるのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

胸が膨らみ始めた頃から

 

 

 

 

 

 

 

 

裸を見られることに異様な拒絶反応を示してきたよなぁ

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180731131920j:image