おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

インドから帰って引きこもる。群馬で。京都で。

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180731120753j:image

 

 

 

朝起きると拳を握りしめている

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないうちに肩が上がっている

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの言葉にお腹の奥が身構える

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに緊張しまくってたんだ私の体…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全な意味で脱力できたのはいつが最後なんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんなにも何かに怯えているんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意識を集中して体中の感覚を観察するヴィパッサナー瞑想

 

 

 

 

 

 

 

 

体中に靄がかかったように感覚が定かでない。

 

 

 

 

 

 

リアルな体。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうであってほしい体。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうであってほしくない体。

 

 

 

 

 

 

 

 

頑なに否定し続けてきた私のあるがまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の体。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの物体としての私の体は

 

私のエゴが硬く強く作り出した『私の体』に

 

 

 

 

 

 

途方もなく濁らされる

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあ感覚なんて分かるわけないか…

 

 

 

 

 

 

 

 

見ようとすればするほどそれは遠ざかり

いつのまにか目で頭で見つけ出そうと力んでる。

 

 

 

 

それは

感覚を研ぎ澄ませるのとは反対の道。

 

 

 

 

 

あまりにも自分のリアルな体を分かっていなさすぎて、
全裸で鏡の前に座り
目を開けて
全身の感覚を意識で追ってみたりして。

(先生曰く、ソレはやるなとのこと)

 

 

 

感覚を感じたい一心でやっていたことだったけど、

 

 

 

 

 

自分の体をきちんと直視するなんて、

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか大きな1歩かも。。。

 

 

 

 

 

 

 

緊張が生まれると感覚は見えなくなる、先生は言った。

 

 

 

 

 

 

自室で横になって限界まで力を抜こうとしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

息を深く吐いて、、、、さらに吐く。

 

 

 

 

 

 

 

 

するとなんとも言えない深い恐怖に襲われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

体は深くリラックスし、感覚は少し鮮明になった。のに。

 

 

 

 

 

 

 

私…

体を頭の支配から解き放つのが怖いんだ…

 

 

 

 

 

そして体と深く結びついた心もまた…

 

 

 

 

 

 

 

だから、

深くリラックスすることを自ら拒んでいるのか…

 

 

 

 

 

人に言われたことはあったけど、初めて自覚した。

寝ている間もきっとそうだ。

だからいつも朝体がガチガチなんだ。

(きっとお父さんもそうだな…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の私の限界まで体をリラックスさせるトライを繰り返してみたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

会いたいけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも会うのに怖さを感じてしまう人達が

 

 

 

 

 

 

 

 

次から次へと浮かんできて、号泣した。

 

 

 

 

 

 

私はこんなにもみんなに会いたいんだ!!!!!

 

 

 

 

 

だけど、私が私を痛烈に邪魔する。。

 

 

 

 

 

 

 

自分の中に生まれる汚いものが素敵な彼らの前ではいつも際立った。

 

 

 

 

 

 

 

苦しくて苦しくて仕方なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

彼らに見合った“自分”であれるように、

リラックスなんて出来るわけなかった。

 

 

 

 

 

 

 

だから会いたいけど会いたくないと思ってしまう…

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの全部とっぱらえれば、

ただただ会いたいのに……

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、全部の邪魔を放り投げたら、

無邪気に飛びついて抱きしめるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば小学生の頃から自分の中の汚れに気付き出した

 

 

 

 

 

 

 

理想の自分になりたくて必死で押し込める努力をした

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しくても苦しくても頑張った

 

 

 

 

 

 

私の思う『かっこいい人間』であろうと

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたら、

 

 

 

 

そこで溜まりに溜まった何かは

 

 

 

 

 

気を抜くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近しい人に攻撃という形で溢れ出した。、

 

 

 

 

 

 

 

 

その繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無知だった。

 

 

 

 

 

 

 

やり方を知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと習った。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなくせに

ものすごく難しいけど。

 

 

 

 

特に私には。

 

 

 

 

 

 

それまでの間に

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけの汚れを作り出してきてしまったんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えるのはやめておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

兎にも角にも 前を向こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬で引きこもった2ヶ月間。

家族、茉優、テレビやYouTube、食べ物、

他の人の生き方、

 

気付けば

外の世界とばかり向き合っていた。

(あ、大切な時間でもあったけど)

 

 

 

 

 

京都で引きこもっている20日間(継続中)。

自分で足を踏み出して

内の世界と向き合っている。

 

 

 

 

 

 

 

前者をし始める時、ソレは気付かないくらい

いとも容易い

 

 

 

 

後者をし始める時、後ろからものすごく強い力で引っ張られる

 

容易くなんかない

 

 

 

 

 

 

本当の意味で苦しいのはどっちだ

 

 

 

 

 

 

 

本当の意味でおもしろいのはどっちだ

 

 

 

 

 

 

 

本当にしたいのはどっちだ

 

 

 

 

 

 

 

今は後者だと思えている。

 

 

 

 

 

両者は交互にやってくる、いつも。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10日間コースの最後の日は満月。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと来た生理。(男性用宿舎にて)

 

 

 

 

 

 

 

私、自然の流れに少し乗れてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じて嬉しさを覚える。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、嫌悪は大分薄まって見えづらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は男性ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

トランスジェンダーでもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

何かによって生み出された強力なエゴに翻弄されているただの女性なのかもしれないーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレを受け止めるための道の途中に今いるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に。。。思ってしまった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

自然のままに、

 

 

 

 

 

 

 

 

あるがままに、

 

 

 

 

 

 

 

 

頭のジャッジに惑わされないで、

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ『今』の『リアル』に在れ、わたし。

 

 

 

 

 

 

真の意味で

 

私に優しくあれ、私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、茉優。

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬では何か心も体も密着していた

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしのことと茉優のことがごっちゃになってたというか

 

 

 

 

 

 

 

 

今はね、

それぞれの輪郭をはっきり感じる

 

 

 

 

 

 

 

その上で

 

 

 

 

 

 

 

 

心地よく、風通しよく、深いところから

 

 

 

 

 

 

 

あたたかな想いが湧いてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと、なんとも言えないものが溢れ出して抱きしめたくなる

 

 

 

 

 

 

 

そして何より、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次々こみ上げる感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会ってこれまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女によって

 

 

 

 

 

 

 

 

盲目な私は

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ愛のある世界に導いてもらっただろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と関わりたいのに背を向けてしまう私を

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけの人と繋げてくれただろう

 

 

 

 

 

 

 

本当に些細なことでいちいち

いちいち

傷付く私に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ手を差し伸べてくれただろう

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそればかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に

おままごと みたいに生きたいって

 

 

 

 

 

 

 

 

言い合ってる。今。星空の下。

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優と私。

 

 

 

 

 

 

 

 

今の感じが心地いい。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180731120530j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180731114921j:image