おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

インド旅、半分で終了!群馬に帰ります。

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180418131925j:image

 

決めました。

 

 

私は群馬に、実家に、自分に、

 

帰ります。

 

 

 

私のしたいこと。

 

 

 

ちゃんと家族と愛し合うこと

 

 

 

小さい頃、はだしのゲンという漫画を読んだ時、

 

 

ゲンとお母さん以外の家族が潰れた家の下敷きになってしまい、

 

炎の中で助けてと叫ぶ子供や夫を横目に

 

 

半ば発狂している母を引っ張って逃げるゲン

 

 

というシーンがあって。

 

 

 

それが恐ろしくて恐ろしくて、

 

 

 

登場人物が私と家族に置き換わった夢を何度もみては、

 

 

 

 

お母さんの布団に潜り込みにいった記憶が

 

 

ふと思い出される

 

 

 

 

群馬

 

 

家族

 

 

 

結婚

 

 

 

 

私にとっては居心地の悪さの象徴

 

 

 

 

暗く淀んだ空

 

 

常に抱えるみぞおちの鈍痛

 

 

 

そこではないどこかに

 

 

 

明るく突き抜けた空があると思っていた

 

 

 

 

 

 

 

結婚しよう

 

 

 

 

 

 

そう言葉にするのに

 

 

 

どれだけの時間を要しただろう

 

 

 

別に籍を入れるわけでも

 

何かを変えるわけでもないのに

 

 

 

 

何度も空気だけが口から出た

 

 

 

 

 

 

結婚は

 

家族は

 

 

常にみぞおちの鈍痛と共にある

 

 

 

閉塞感や我慢がついて回る

 

 

 

 

 

それが今までの私の見る世界

 

 

 

 

 

 

初めて出来た大好きで大好きでたまらなかった彼女に、

 

 

時が経って怒りをぶつけるようになってしまった自分

 

 

自分の気持ちに信用がない

 

 

 

どんな素敵な人でも「ずっと一緒にいる」と思ってしまったら窮屈になる

 

 

 

 

 

 

だけど、

 

 

私のしたいこと は

 

 

 

私の家族に茉優を家族として迎え入れ、

 

 

 

茉優の助けを得ながら、

 

 

 

 

ちゃんと愛し合えるようになること

 

 

 

 

 

私の過去のイメージを

 

 

 

 

全く違う色鮮やかで風通しのいいものに変えていくこと

 

 

 

結婚という言葉を使ったのは

たぶん

その決意を表したかったから

 

 

 

 

 

世の中で当たり前とされる「家族」ではなく

 

 

 

 

新しい「カゾク」を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為にもっとも重要なこと

 

 

 

 

 

ソレは私が私の全てを赦すこと

 

 

 

 

 

リハビリの痛みに負けて

 

 

日本で痛くなくリハビリしてくれる人を探そう

 

 

 

私の肘の声をちゃんと聞いて甘やかしてあげよう

 

 

 

 

茉優の言葉から

そう思えた時

 

 

 

 

気付いた

 

 

 

 

本当に何から何まで私は私を責めてきたんだ

 

 

 

毎秒毎秒

 

 

 

 

 

 

 

 

私のことをぜーーーーーーーんぶぜーーーーーーーんぶぜーーーーーーーんぶ赦そうと思えた時、

 

 

 

誰1人、何1つ、

 

例外なく赦そうと思った

 

 

 

 

 

 

そしたら、

 

 

 

お父さんのことが出てきた

 

 

 

 

 

 

お父さんと私はとてもよく似ている

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

 

一緒にいると不快だ

 

 

 

 

それが態度に出て

 

お父さんの悲しい空気を感じると

 

 

 

いたたまれなくて

 

 

さらに嫌な気持ちになる

 

 

 

 

 

 

だから、一緒にゴハンを食べたくなかった

 

 

なるべく一緒にいたくなかった

 

 

 

だけど本当はちゃんと愛し合いたかった

 

 

 

というより

 

 

 

愛し合ってはいるはずだから

 

 

 

その通りのやり取りをしたかった

 

 

 

 

 

 

インドに来る前初めてお父さんと正面からぶつかって

 

 

 

 

泣きながら

 

 

 

どうして自分の気持ちをきちんと家族に伝えないんだ!

 

 

もうこれ以上、苦しんで欲しくないから

お願いだから変わってよ!!

 

と強くぶつかった

 

 

 

 

 

 

でも今分かった

 

 

 

変えるのはヒトではなく自分だ

 

 

 

お父さんの全部を赦そう

 

 

 

 

 

ソレは殆ど私が私を赦すこととイコールだ

 

 

 

そしたら私からお父さんへの波動は変わる

 

 

責めるや怒りから

 

赦しや愛に

 

 

それはきっとお父さんに届く

 

 

それだけでお父さんは何も変わらなくても

 

 

少しは楽にできる

 

 

 

 

 

facebook で誰かが言っていた

 

 

 

 

敵の中に1番のヒントがある

 

 

 

あてはまる

 

 

 

 

 

恐れからではなく

 

 

 

愛からの選択が近道だよ

 

 

 

 

 

エリさんの言葉にもあてはまる

 

 

 

 

過去という現実を体験しながら

 

今という新しい波動で未来を作る

 

 

 

ひろみさんの言葉通りだ

 

 

 

 

 

 

 

大好きな茉優と家に帰る

 

 

お母さんの天丼一緒に食べられる

 

 

大好きな人達に会える

 

 

 

 

 

何の特別感も

 

 

「何かにチャレンジしてる」感も

 

 

ないけど

 

 

 

 

 

超絶自分に甘いような気もするけど

 

 

 

 

 

 

私がしたいのはソレだ

 

 

 

 

 

 

 

ソレが私の真ん中

 

 

 

 

この話を切り出したら、

 

 

茉優も

 

 

意外にもティンクルも

 

 

一緒に日本に帰ると言った

 

 

 

ティンクルは

群馬での二人の様子も撮りたいと言ってくれた

 

 

 

 

なんてこった!!!

 

 

 

それも希望通り

 

 

 

 

 

お父さんの許可が必要だけど

 

 

 

他人が家にいることが嫌いだから

 

 

まして撮影なんて

 

 

 

 

 

そもそもまずは

 

 

茉優を家族として扱ってもらえるよう話してみないと

 

 

 

 

 

 

 

_____________________

 

ちょっと思い切って1つ話したいことが

(こんな痛い話をする自分を赦そう)

 

 

日本での瞑想合宿中に茉優がインドで受精卵を2つ口から吐くという夢を見た。

 

 

その後、インドでの瞑想合宿中に私は、

なんとなく彼らの名前を考えてみようと思いつき、

新月と満月から

「新太郎」と「満太郎」を閃いた。

いい。

 

 

 

インドの病院で、

私は痛みにsensitive だとよく言われた。

 

 

もしかしたら、

 

この吐き気を催す程の痛みを伴うリハビリを含め、

ここのところ次から次へと私を襲う痛みの数々は

 

お産を乗り切るための練習なのか?!

と思った。

 

 

 

どんな形かは分からない

 

 

茉優がどう絡んでくるのかもわからない

 

 

 

自分に子育てが出来るとも思わない

 

 

妊婦になりたいとも思えない

 

 

 

だけど、

 

 

なんとなく彼らが

 

 

私に会うのを

 

 

どこかで待っているような気がする

 

 

 

 

色んなありえないが起きている今だから、

 

 

 

 

こんな有り得ないを信じ始めてもいいんじゃないないかと。。。

 

 

 

信じられたら実現するって言うし

 

 

 

 

そして私にしても茉優にしても

 

二人同時にしても

 

 

プライベート出産がしてみたい

 

 

私にはプライベート出産が得意な友人がいる

 

 

 

その時は

 

彼らに助けを求めよう

 

 

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180418131944j:image

愛する友達からのLINEにニッコニコ

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180418132139p:image