おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

茉優に甘え過ぎと突き放され、泣く。

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180417093743j:image

 

剥いて剥いて剥いて剥いて

 

 

脱いで脱いで脱いで脱いで

 

 

 

本来の私に戻っていく

 

 

 

 

 

 

 

 

この道を行きたいのだけど

 

 

 

 

 

 

 

ついつい

 

 

 

 

 

 

 

茉優に受け取って貰える程度に

 

 

周りの人に引かれない程度に

 

 

変人に見えない程度に

 

 

好意的に受け取ってもらえる人の前だけで

 

 

になってしまう

 

 

 

 

脱いだら

 

誰から見ても魅力的な

 

素敵な

 

ヒトになるはず…

 

 

的な何かを握り締めてしまう

 

 

 

 

私、ありのままであればあるほど

 

 

ひどい

 

 

 

 

 

すぐ泣く

 

 

 

 

本当にすぐ泣く

 

 

 

そんなことくらいでイチイチ泣いてんなよ

 

 

 

だから女は嫌なんだよ

 

 

 

もう仲間に入れたくない

 

 

 

 

 

本当に1人では何にもできない

 

助けて助けて

 

 

言いまくる

 

 

 

自分を助けるのは自分でしょ!

 

これだから女は嫌なんだよ

 

 

足でまといだからもう仲間に入れない

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しいよ

 

悲しいよ

 

しんどいよ

 

寂しいよ

 

 

 

ありのままの私は

 

何の制限もかけなかったら

 

 

 

 

どこまでもどこまでもどこまでも

 

 

 

そんなのが出てきてしまうのかも…

 

 

 

 

怖い。

 

 

 

 

 

 

 

もういい加減この程度で収まっておいてほしい

 

 

 

 

 

変人になりたくない

 

 

 

 

ギリギリまともな範疇に留まっておきたい

 

 

 

みんなの仲間に入れてもらいたい

 

 

 

 

 

 

私のままでいたら

 

 

 

 

みんなからはじかれる

 

 

 

 

 

 

あ、これはダメだ

 

 

あ、ここまで出したら嫌われる

 

 

これも変なんだ

 

 

これを出したら邪魔くさいんだ

 

 

 

コレは普通じゃないんだ

 

 

 

 

 

 

邪魔者扱いされたくない

 

痛い人になりたくない

 

 

 

 

そうやって1つずつ1つずつ鎧を身に付けてきたのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この程度 脱ぐ

 

 

 

 

 

 

それってありのまま?

 

 

 

 

 

 

この人の前だけで脱ぐ

 

 

 

それってありのまま?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖いよ

 

 

 

 

 

 

どこまでも堕ちていきそうで

 

 

 

 

 

過去という現実から

 

今という未来を作り出す

 

 

新しい色に変えて

 

 

 

できるかな