おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

私の声を聞こう。

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180415190155j:image

身動きが取れなくなるたびに

お菓子を食べまくる私



食べては気持ち悪くなり、
の繰り返し



これもいつか通った道



味わい直せるのか

 
















 

 

 

 

 

 

私は私の醜いところを誰よりもたくさん知っている

 

 

書いても書いても

 

 

書ききれないくらい

 

 

大好きな人に知られたら

 

 

嫌われてしまうから

 

 

書き切ることもできない

 

 

素敵なコメントをもらっても

 

別の部分を知られたら見限られると

疑ってしまう

 

 

 

何かあれば

 

すぐに私の醜い部分と出会う

 

 

こんな私でありたくないのに

 

 

頑張ってないことにしてみても

 

 

ないことにはならない

 

 

 

自分のありのままがこぼれてしまうくらい何かを必死でやりたかった

 

だけど、そうしたら嫌なやつ 私 がバレてしまう

 

ずっとずっとトライすることから逃げてきた

 

 

 

愛する人が出来て

私を受け止めてくれた時

 

出すことができた

 

 

だけど私はその人よりも遥かに自分の嫌なところを知っている

 

見放されないか怖くて

 

私の嫌な部分を攻撃という形でぶつけた

 

 

これでもか

 

これでもか

 

これでも愛してくれるか

 

 

大切にしたいのに傷付けたがった

 

 

 

 

 

 

ずーっとずーっと世界は敵だらけに見えていた

自分の嫌なところが見えれば見えるほど

 

 

気を抜けば殺られてしまうような

 

 

 

だから、

 

より一層、

 

家族や恋人にしがみついた

 

 

怖くて怖くて

 

 

 

怒りをぶつけてはそこが何があっても安心できる場所か確かめたがった

 

 

 

 

 

 

 

会社を辞めて

 

働かずに過ごして

 

 

船で世界を一周して

 

北海道の自然の中で自給自足の暮らしをして

 

 

仲間とインドを旅して

 

 

 

少しずつ少しずつ嫌な自分から変われているような気になっていた

 

 

 

でも違った

 

 

ソレは変わらず全部私の中にあった

 

 

 

がっかりした

 

 

 

 

 

 

 

 

地獄のリハビリ

 

 

 

 

ずっとココにいたよ

ずっと見て 許して 愛してきたよ

 

 

 

とめどなく訪れる痛みが教えてくれていると気付けた瞬間があった

 

 

 

 

 

誰よりも醜い部分がいっぱいでも大丈夫

 

 

誰かに受け入れられなくても大丈夫

 

 

たとえ茉優と道を違っても大丈夫

 

 

 

 

 

 

私は私でいていいんだ

 

 

 

私は許されてきた

 

愛されてきた

 

 

 

他でもない私自身に

 

 

 

 

 

 

 

骨折しないと気付けない私

 

 

 

 

 

 

 

 

男でなくても大丈夫

 

 

 

何でなくても大丈夫

 

 

 

 

どうあろうと

 

 

 

 

それが私

 

 

 

 

 

 

全ての「ありえない」を捨て去って

 

 

 

1歩を踏み出そう

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180415190037j:image

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180415190042j:image