おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

女になりたいわけじゃない!

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180401122628j:imagef:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180401122317j:image

 

 

嫌だ

嫌だ

嫌だ

せっかくここまで来てたのに…

 

来た道戻ってる...


1つ1つ、

息を止めて

見ないふりをして

次なる嫌悪に怯えながら、

どうにかこうにかやり過ごしてきた。

一つ苦しみに目をつぶる度に、
一つ未来への期待を手放してきた。

成長する度に、
節目を迎える度に、
新たなる苦しみへの予感に
体も心も強ばらせてきた、

そんな道、
もう二度と決して通りたくない道


それなのに


行きと同じ道を帰りも通っていくような

ようやく空の下に出つつあったのを、
自らの光のない絶望の地下室に入って行くような


そんな感覚に襲われる


私が私自身の変化にどうしようもない嫌悪感を抱いているときに、

周りのみんなは自然に成長していた


なんで私はみんなと同じようにただ自然にいられないんだ

のたうちまわって
どうにか少しでも受け入れられる自分になるために努力して


なのに

私は自然に心から笑えない


こんなに頑張っているのに...


どうして。

どうして。

どうして。


私はみんなよりこんなに頑張っているのに、

こんなに苦しい思いをしているのに

どうして
こんな気持ちで過ごすしかないの


進み方が分からない

戻ることもできない


宮城のおばあちゃんに会うとき

いつも後ろめたさを感じてた

 


大地のような深い愛に溢れたおばあちゃん

自然や昔ながらの人と人との繋がりの中で生きていた

目が見えないけれども

自分でぜんぶ家事をしてるような

なんというか

ピュアに真っ当に生きてきた人

 

おばあちゃんを前にすると

私自身の不自然さ

大いなる力との不調和

純粋さとは真逆なところにいる後ろめたさ、、、

 

そんなような何かを感じざるを得なかった


大好きなのに
なぜかおばあちゃんに会いに行くのに
気が引けた

 

私は 異物

 

 

ここのところ

一緒に過ごす彼らに向けられる怒り

いいよね、ただ楽しんでられて

どうせこの苦しみなんて分からないよね

 

何で彼らはただ自然に努力することなく
男(女)でいられるのに私は...

 

私の近くで笑わないで

 

 

 

薄くなっていく髭...なくならないで


まだあるけどすね毛...薄くならないで


声と胸、元に戻らなくて本当に本当によかった...戻らないよね????

 


もうこれ以上女に寄っていかないで

 

 

 


そんな私の願いなどお構いなく

私の体は自然の流れに従って絶え間なく変化していく

 

私はここのところよく平静さを失う

 

なんでこんなことをしてるんだっけ?

 

望まない変化

 

その変化に反応して私と向き合うのを辞めたがる茉優

 

私に対する周りの反応を
私の中がどうなっているかなんてお構いなく

面白がる茉優

 

どうせ他人事

私を気遣うフリなんかしないで
分からないくせに

 

だけどどうしても引き返す道は選ぶことが出来ない


その道の先もなんか違った

体験してもう知ってしまった

 


ただ私が私でいること


受け入れるしか道はない

 

私に何かをコントロールすることは出来ない

 


なかなかすんなりとはいかないね

やっぱり

 


注射を辞めてから5回は順調に来ていた生理が止まっている

2ヶ月くらい


赦せてないんだなぁ
自分、
やっぱり

 

赦し方 分からないよ

 

 

楽な方に

 

 

身に付けるのではなく
脱いでいく方に

 


どうやるんだろう

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180401122007j:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

鏡を見たり

 

写メを見たり

 

他人から何かを言われたり

 

女として扱われているっぽいと感じたり

 

 

 

そんなふとしたきっかけがあると

 

このような渦の中に飲み込まれがち。

 

それ以外の時は、

 

ほとんどそんなことは忘れてるんだけどね。

 

 

私から見える世界は私が作ってる。

 

茉優、ティンクル、いつもありがとう。

それなのにこんな風に思ってしまうことのある私を許してね。

精進します。

 

愛してるよ!

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180401121801j:image