おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

忘れ物

チェンマイからバンコクへ向かう高速バス、マッサージ機能付きの豪華なシートで撮り溜めていた動画を見ていた。

チェンマイシティのナイトバザールで甥っ子の旺介に太鼓を買っている動画を見ていてふと思った。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180106200158j:image


あれ?
この太鼓の入った青いビニール袋って今どこにあるんだ???


今朝茉優とチェンマイバスステーションに着いた時には確かに持っていた。

 

 f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180106200241j:image

 

バスのトランクに預けたのはたしかバックパック1つだけのはず。
バス内には見当たらない...
やばい...


バスに乗る前、屋台でテイクアウトの朝ごはんを買った。
その時、手荷物のビニール袋が1つ増えた。
その店を出る時、持ってたっけ??


それとも。

ターミナルで茉優とお別れをする時に、
結構長めのハグをした。
前日からのBIGなイザコザを経て、
いつになるか分からないが次会うまでは連絡を取らないことにしようと決めたこともあって、色々な思いが込み上げていた。

その時、ちゃんとハグをしたくてベンチの上だか地面に荷物を降ろした。

そのまま、置いてきた??


茉優が忘れたことに気付いて持って行ってくれてないかな…
いやぁ、ハグの後、一緒にバスの入口前まで来てくれてたもんな...

どっちにしても、どちらもWiFi環境に行くまで確認出来ない。。。


あ!!!!!
アレには昨日口の悪い元キックボクサーのおじさんが連れていってくれたジュエリー工場で、
一目惚れして、
(“お金がなくなるの怖い病”と戦いながら)大奮発して、
茉優のおばあちゃんに買ったイエローサファイアのピアスも入れてたよ
( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180108204106j:imageこの人。

 


自分の服はまあ諦めがつく、
旺介への太鼓も100歩譲って諦めるとする、


だけどピアスは...

 

12時頃、休憩の為に立ち寄ったドライブインらしき所で、
一応バスのトランクの中を確認してもらった。
。。。ない。


よね。。。

どうにかできる気がしない。
運転手や他のお客さんにどう思われるかが怖い。
大事になったら恥ずかしい...


でも。。。

諦めきれない。

高かったっていうのももちろんあるけど、

 

様々な巡り合わせの元、

 

茉優のおばあちゃんに

感謝と労いの気持ちを届けたいという強い思いが突然湧いてきて、

 

買うしかないと思えたピアスだったから。

 

しばらく途方に暮れた後、
(途方に暮れながらお昼ご飯を食べたんだけどね。バスチケットにランチクーポンが付いてて。辛くて旨いラーメンみたいなヌードルだった^^;)

 

結果はどうあれ、

やるだけのことはしてみようと思った。


transwoman のバスガイドさんに声を掛ける。
お互いに片言の英語。
スマホの翻訳機能も使って四苦八苦。

ようやく伝わり。
バスターミナルに電話で確認してもらうことになった。
彼女はとても親身になってくれ、
彼女のスマホで確認の電話をしてくれた。


バス運転手らは冷たい視線。

一旦バスに乗り込み、
電話の結果を待っていると、
彼女が私の元にやってきた。


I can’t find . Sorry...

 

...こっぷんか


ダメだった。
彼女の顔は本当に申し訳なさそうだった。

ありがとね。
友達になりたいな…

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180106200317j:image


明日の8:30のフライトでバンコクから日本へ発つ。
チェンマイからバンコクはバスで10時間。


まだ諦めないことにする。

まずは茉優に確認しよう。
連絡しない約束、こんなにも早く破るなんてね(笑)

それから次の手を考えよう。。。


あのピアスはきっとおばあちゃんの元に届くはずのものだ。。。
そんな気がする。