おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

存在を祝福されていることにする。

自分にとっての魔法の言葉。

「存在を祝福されていることにする」

 

何だか自分が自分のままでいてはいけないような、

自分がしたいようにしてはいけないような、

 

そんな空気に囚われて苦しい時に、

 

呟くと、

 

胸の奥の何かがジワッと溶けて緩まって、

 

少し涙が出そうになったりもして、

 

囚われから解放されて、

 

自分のままに、

 

したいように、

 

できるようになる。

 

ちゃいはなフェスの初日の途中に、

この言葉が降りてきて、

 

そんな風に使ってみて、

 

すごく調子がいい。

 

存在が祝福されちゃってるんだから、

何をしたって、

何をしなくたって、

何かをした結果が芳しくなかったって、

 

何だっていいんじゃんって思える。

 

 

存在が祝福されちゃってるんだから、

 

誰にどう思われたっていいんじゃんって思える。

 

 

 

いいも悪いもない、

正しいも間違ってるもない、

 

そんな時に〇〇さんから勧められた大麻を初体験。自分にとってのありえないをやってみた。

 

全然変化は感じないけど、

ちょっと頭が痛いのはそのせい??