おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

〇〇するなんてありえない!がヒント?

自分が最もありえないと思っていることをする。

それが、折れない自信(ありのままの自分を信じきる力のこと)を持つための1番の近道らしい。心屋仁之助さんの本より。

 

何だろう、自分が最もありえないと思っていることって。何となくだけど、思いつくことすら、頑なな自分の一部に阻まれているような気がする。

 

ちょっとそいつが顔を出すまで待ってみようか。