おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

怯え

直の心に というよりは身体に 深く広く根付いている怯えに気付いた今日 電気を消した薄暗闇の中で 好きな歌を聴きながら 時に熱唱しながら ヨガのようなストレッチのような いつものやつをやっていると 次々と ほんとに次々と 号泣した 身体が示す痛みに 各…

直のバグ〜輪郭と雑さ

またまた 自分の中のことを 茉優のせいにしてしまっていた。。。 何度も繰り返すこのミステイク✨ ごめんね、何度でも。 ありがとう、何度でも。 という気持ち、今は。 まるいち。 茉優と直の間で 癒着感を感じたり 輪郭を失っているように感じることに かな…

誰かを好きになるって素敵なことなはず

ようやく辿り着いた 束の間のまったりタイム だった。。。のに。。。 その日の夜に見た夢でなおはのりちゃんとキスしてた きぼうのいえの台所で そうして 朝5時なんかに起きてしまい そこから どうしよう どうしよう と なんともいえない時間を過ごした また…

うまくいったりいかなかったり、そういうもんだと思えたら楽だね

前回の気付きがあってから数日、 また茉優との間は険悪になった あの文章が恥ずかしくて消したい衝動にかられるくらいに(笑) 今わたしたちが直面していることは 関係が始まってからこれまで 茉優と直の関係が 保護者と被保護者の関係だったり 相手を自分の…

直の中に“ぼく”を見つけたよ

まゆ ぼくはきみを あいしているよ きみだけに きみだから 生まれるきもちがある 見せる顔がある まなざしがある ぼくには わかっているけれど あなたに見せることはできないみたい ぼくの力では ぼくが いくらあいしても みつめても まゆが見ないと決めたな…

負けるね、愛するために

愛してたまるもんか 愛されてたまるもんか が直の中に巣食ってた 負けるもんか なおは正しい なおは悪くない 茉優がなおを傷付けた 愛したい 愛されたい 愛し合いたい と言いながら どこか奥の方で 負けない 負けを認めない そこに立ち続けてた 茉優が負けを…

坂爪圭吾さん。

圭吾さん、 坂爪さん、 が きた。 きぼうのいえ に きた! (茉優とのりぴーが呼んだ!) 憧れの人。 大人になってから 初めて かっこいいと 思えた人。。 会社を辞めた月、 33さいの誕生日、 勇気を振り絞って 東京のお話会に行った 新潟滞在中、 茉優に手…

げろげろ〜気付いてしまった

奇跡的に しあわせを感じることができた 37さいの誕生日を超えて 一回闇に落ちた そして 茉優とやぎさやちゃんにより 気付いちゃった やりたいこと。。。。 露出すること 注目されること 存在をそのまま全世界に知られること スター 芸能人? 有名人? そん…

タカラモノ

やっと 縛りから解き放たれた 家族や パートナーがいないと わたしは わたしのままでいられない わたしの安心は脅かされる わたしの自由は確保できない そんな縛りからの解放 現実として 外的ストレスから身を守る術を持たない わたしにとって 茉優という存…

サンに殺される

なおがなおの存在に 全OKを出せているときと そうじゃないときの 感覚の違いを初めて体感した “なおはただ存在しているだけでいい” 何度も繰り返されてきた 茉優のそんな言葉を 必死で 受け取るまい とするガンコもの そいつがいるから なおは 茉優がいない…

コイビトやカゾクという境界線

コイビトになる パートナーになる カゾクになる は 本来は 人と人が愛し合うカタチ 人と人が繋がるケシキ のはずだけど コイビトという囲いが カゾクという囲いが そこからそうではないとされる誰かを 弾き出す理由になっていること そこに大きな歪みがある …

偽物パートナーシップ

昨日の一件から一晩 朝起きると わたしの左肩甲骨周りは また昨日とは違った痛みに覆われていた 昨日よりは 動かすことへの怖さはない感じだけど 重さとか硬さとかかたまり感みたいなものが ずしっと重かった 全然違うけど マッサージのもみ返し的な 筋肉痛 …

消したい思い

左の首から肩甲骨にかけて おかしくなった 朝起きたら 変だった 寝違えかと思ったけど なんか違って 北京原人みたいな歩き方になるくらい 身体がおかしくなった のりちゃんに手を当ててもらいたいなと思った 一度 首が変になって のりちゃんにひまし油でさす…

感情を新鮮なうちに出せるということ

つい先日 茉優が知らず知らずのうちに諦めていた夢 が判明した それは先生になること でも実は もうずっと茉優は先生だった とわたしは思った 茉優が茉優らしく生きていること それこそが 先を生きてわたしを導く存在だったから 自分の感情を何よりも大切に…

モテたい願望

あなたはあなたでいるだけで 最高に素晴らしい 地球の宝なんだから そのまま 心地よく ぷかぷか水に浮いていなさい 外敵に弱いあなたが あなたらしく存在していられるように わたしたちが 環境を整えてあげるから あなたはただ 生きて 愛されていればいいの …

地球の美しさに照準を合わせることにする

地球に生まれ落ちて以来 黄金期の保育園時代を終えてからは もっぱら黒い花を集め続けてきた せっかく地球に来たのなら ならではの特徴である 闇の部分を 徹底的に味わねば! とでもいうように ひたすら黒い花に照準を合わせ 一つたりとも見逃さぬよう 一つ…

わたしはジュゴン

自由で無敵 やわらかくやさしくて みんなから愛され守られる そんな風にイメージすると 嬉しい ニヤニヤする その思いは 無意識か 顕在かは違えど いつも直の中にあり続けてきたように思う ほんとうは ただそのまま存在しているだけで 自由だったし 無敵だっ…

ゔぉぇっ

きぼうのいえ に住み始めて 2週間ちょっと 途中から シェアメイトの のりこが加わって 3人で暮らしてる 少なくとも1日1回 3人でのトーキングサークル(通称さんかく) をやっている なおは 誰かと生きる時に 言えないことがあることが 自分の居心地を悪くし…

5万円

茉優がついに “きぼうのいえ” を始めた そこには離れがあって それが直の巣 人と関わりながら生きたいけど こもれる場所が必要という直に ぴったり 誰がいてもいなくても 気が向いたときしか母屋にはいかない感じでいる その距離感が心地いい その離れを な…

愛されるのが怖い病

めっちゃ大きな気付きがあった なおって 愛されることに結構強めなブレーキがある っぽい 茉優→直の流れが どうにも滞っていることには気付いていたし ソレをどうにかしようと もがきにもがいていたんだけど どうやら ほとんど見当違いに もがいてた もがき…

黒い花束を抱きしめて

昨日と今日で過去のブログを全部読み直した 下書きのまま、公開できなかったものも一通り読んで、 ものによっては胸につっかえを感じながら ほぼ全部公開にした そしたら 具合悪くなった なんだか急激に気分が落ちて カフェの席に座っているのもままらないよ…

自分を出したときの“痛さ”

書くこと。 自分の思いを出すこと。 ここに一つ怖さがある。 大学生の頃、 労働法のゼミに在籍していて、 誰かが「おみずの労働法」みたいな 発表をした時、 わたしは そもそも水商売というのが ない方がいいと言った わたしはその時、 当然みんなからも賛同…

【声】袋小路

誰とでもSEXできちゃう そのまんまの茉優と生きて その都度 この胸を抉られるような痛みを 引き受けていくのか、 それとも 降参して 今、猛烈な胸の痛みを抱きしめて 茉優とお別れするのか どっちも嫌だ! でも、どっちかしかない! そんなことを話した。 ht…

声ブログ 初めてみる

文章で書くのもいいけど。 もっとそのままに もっと簡単に 「わたし」を吐き出したいなと思って。 動画でやってみることにする。 誰かに伝えるためじゃなく ゲップのように オナニーのように わたしを吐き出したい。 https://youtu.be/uIPDrMaMMO0

いつも体の凹だけカヤの外

わたしの体は凹 それでも 心は凸だと盛り上がる エネルギーも凸として 茉優の凹に入っていく 体だけがあべこべだ けして男になりたいわけではない 女はやめている 男でもなく女でもない直 坂爪圭吾さんがnoteで書いていた ‘生命体’ という言葉に 「さすがだ…

ごめんね、茉優の過去

茉優の元カレたち その関係 散々disってきちゃってたなぁ そこにちゃんとあった2人にとって大切な時間たち ないことにしてきた ただ 男が嫌いで 羨ましかった 性的な快楽に飲まれて周りが見えなくなって 相手の女性を傷つけてしまうこと 許せなかった でもそ…

やっぱ物質的にも繋がってみたいよなぁ

自分の性に関しては時によって日によって揺らぎがあるし 茉優とのまぐあいはなくてもいいと思ったり エネルギーセックスで満たされたり そんなだったけど 今日散歩の途中で神社によって手を合わせると やっぱちんこが欲しいよなって 願いが出てきて 胸から涙…

人生の嘘

中学くらいから始まった過食衝動 今日もまた生まれた そこで初めて立ち止まった 我慢じゃなくて 立ち止まった その奥に何があるんだろうって 立ち止まってみられらた 何に気付いて欲しいんだろうって 何かに追い立てられるような 焦りのような 何かをしなく…

責めるためじゃなくて、許すために書こう。

坂爪さんの本のこと投稿した後 心がざわざわしてる 誰にどう思われるか それに怯えてるのか どこかに よく思われたいという気持ちが入っているようで 濁っているようで 気持ち悪いのか わからない グルグルするけど 自分が書く文章の全てに YESが言いたい っ…

性れきし

小学生のときに初めてエロ本を読んでから 自分の股間の感覚 そこに自分で触れたときの気持ちよさ的なもの それ自体は感じてきた 身体的な欲求もよく理解できる でも 誰かを好きになるときに (それは記憶の限りではほぼほぼ女の子) 体の関係を想像したこと…